イスラエルのContinUse Biometrics社が開発中の新技術に関する記事。

レーザー技術により、服を着たままで呼吸状態に肺機能、心拍、体温、血圧、脈波伝播速度、ブドウ糖、アルコールレベルといったバイタルデータが測定できるという。

文中では医療用途への応用について書かれているが、スポーツや運転支援技術といった分野への応用も考えられるだろう。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。