イスラエル企業Tapticaの傘下に入った、日本のスタートアップ企業であるアドイノベーション。その創業から、傘下入りするまでの経緯を紹介した記事。

Tapticaは広告配信の最適化技術に強みを持つとのことだか、同社の傘下入り以後、2018年2月期の純利益は前期比5倍の約2億6,000万円に達したという。

記事では、傘下入り先の技術や営業リソースを活用しつつも、創業者は持ち株比率を維持し独立性を保つという、スタートアップの出口戦略の一つのケーススタディーになり得ると指摘している。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。