半導体・電子機器製造業向けのビッグデータ解析ソフトウェア開発を手がけるイスラエルのOptimal Plus社が、日本で自動車部品会社向けの生産最適化ソフト事業に参入するとのニュース。

これまでは日本では半導体や電機向けに事業を展開していた同社だが、自動車のIT化が進んで需要が見込めると判断したとのこと。

同社は2017年の1年で700億個超の部品を解析するなど大量のデータやノウハウを保有するのが強みで、同社技術を用いると平均して不良品を半減できるという。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。