イスラエルのMagic Software Enterprises社が開発する高速アプリケーション開発ツール「Magic xpa」が、富士通のクラウドサービス上にて提供されるとのニュース。

同社の日本法人であるマジックソフトウェア・ジャパンと富士通が、共同でマーケティング活動と販売活動を実施するとのこと。中堅・中小企業をターゲットとしている。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。