第4の産業革命とも呼ばれる「インダストリー4.0」における注目のイスラエルスタートアップ6社の紹介記事。

従来の工場を活用し、自律走行型ロボットを活用するための再設計を行うBionicHIVE、工場の工作機械のモニタリングやメンテナンス課題の発生予測を行うSeebo、工作機械から発生するノイズを分析し、不具合やストレスの発見を行なう3DSignals、ロボット向け低遅延ワイアレス通信システムのCoreTigo、AIによるドローンの集団コントロールソフトウェアのvHive、ロボットに人間の作業を効率的に学ばせるDeep Learning Roboticsの6社が紹介されている。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。