ジャパン・トゥエンティワンが日本の総販売代理店をつとめるイスラエル発後付け衝突防止補助システムの「Mobileye」が、富士通グループのトランストロン社製ネットワーク型デジタル式運行記録計(デジタコ)とのデータ連携に対応したとのプレスリリース。

今回のデータ連携により、Mobileyeからの「追突警報」「車間警報」「車線逸脱警報」をデジタコにてリアルタイムに把握可能になり、これまでのセンサーデータで把握が難しかった車間距離やふらつき運転等の確認が可能になるとのこと。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。