イスラエルのCHEQ AI Technologies社が開発するアドセーフティーサービス「CHEQ」の、大和ハウスでの採用例の紹介。

企業が広告を出稿する上で、「その媒体(コンテンツ)に問題が無いかどうか」というのは重要なポイント。CHEQはコンテンツごとに広告出稿が適切かどうかを判断し、不適切と判断したコンテンツに対しては広告を表示しない。

大和ハウスの担当者は、一定の成果が得られたとしながらも、過剰にブロックされているのではとの課題も示している。また、媒体側での対応が必要なことから、媒体社が率先して推進すべきであると主張している。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。