テクマトリックスが、イスラエルのBUFFERZONE Security社が開発するインターネット分離専用仮想コンテナクライアントソフトウェア「BUFFERZONE Safe Browsing」を2月末に販売開始するとのニュース。

同ソフトウェアを使用し、指定されたURLサイトに対するウェブアクセスを仮想コンテナ経由のアクセスに強制することで、マルウェアに感染したファイルをダウンロードしても感染と拡散を防ぐことができるとのこと。

  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。