サーバーレスやコンテナなどのモダンな開発環境のモニタリングを支援するツール・サービスを手掛けるイスラエルのEpsagonが、1600万ドル(約17億6200万円)のシリーズA資金調達を実施したとのニュース。

サービス開始当初はサーバーレスツールであるAWS Lambdaを対象としていたが、その後マイクロサービスに対象を拡大し、オーケストレーションシステムであるKubernetesとの統合を実現。

同社は今回の資金調達によりプロダクトを拡充させ、Microsoft AzureやGoogle Cloud Platformのサポートを充実させたいとしている。


  • この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。

    この記事を書いた人

    青海遼
    JIFA理事。東日本大震災時に宮城県南三陸町に来たイスラエル国防軍(ホーム・フロント・コマンド)の医療支援チームを見て、イスラエルに興味を持つ。現在、JIFA最年少理事として学生部会をはじめとした若い世代の交流事業に従事。